ラミクタールと抗うつ剤の併用

うつ状態と躁状態行ったり来たりする躁うつ病。なったことがある人にしかこの辛さはわかりません。私がラミクタールを服用するに当たり、不安になって調べたことを書いていくブログです。

ラミクタールと抗うつ剤の併用

ラミクタールと抗うつ剤の併用事例

ラミクタール(ラモトリギン)とは、元々は抗てんかん薬の一つであり、現在は双極性障害における気分安定薬としても用いられています。
双極性障害とは、「躁状態」という気分の上向いた症状と、「うつ状態」という気分の落ち込みの症状を交互に繰り返す精神疾患の名称です。

双極性障害においてもっとも重要な事は、「躁状態」と「うつ状態」を繰り返す事を予防し、患者の精神上の安定と生活の質を維持する事です。
ラミクタールは「躁状態」、「うつ状態」という極端な症状(気分エピソード)の再発、再燃の抑制に用いられる気分安定薬で、特に「うつ状態」への予防に効果があるとされています。

強い「うつ状態」の症状が現れた場合には、気分安定薬に加え、一時的に抗うつ剤を併用して服用する場合があります。
SSRI(セロトニン選択的取り込み阻害薬)と呼ばれるパキシル(パロキセチン)、ルボックス(フルボキサミン)、もしくはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン取り込み阻害薬)と呼ばれるトレドミン(ミルナシプラン)などは一般のうつ病に対してよく用いられている薬ですが、双極性障害でのうつ症状に対する効果は証明されていません。
また、三環系抗うつ薬と呼ばれる古くから用いられているアミトリプチリンなどの抗うつ薬は、躁転(うつ状態から急激に躁状態になること)や急速交代化(うつ状態と躁状態を数ヶ月などの短い間隔で繰り返すこと)を引き起こす可能性があるため、日本うつ病学会のガイドラインでは抗うつ剤を単独で治療に用いる事(特に三環系抗うつ薬の使用)は推奨されないとされています。

いずれにせよ、ラミクタールなどの気分安定薬と抗うつ剤を併用する場合はただ漠然と使用せず、躁転や急速交代化のリスクを常に意識し、使用中止時期まで視野に置いた上で患者の気分の改善などの変化を担当する医師と話し、連絡を取り合う事が必要です。

ラミクタールとうつ病及び躁うつ病への効果

ラミクタールと言えば、通常は抗てんかん薬として用いられるものであります。てんかん発作の原因の一つに、脳波の異常が挙げられますが、その脳波の異常を整える効果があるのがラミクタールであり、抗てんかん薬として用いられる所以でもあります。しかし、脳波に直接作用する反面、副作用があることも事実です。その副作用の一つが薬疹です。服用している全員にそれが現れるわけではありませんが、個人によってはかなりの発疹が出る場合もあります。また、脳波に直接作用することから、ごく僅かではありますが、突然死するリスクもあると言われています。
 しかし、副作用はどのような薬にも認められるものであり、ラミクタールが抗てんかん薬として効果的であることもまた事実です。しかも、ラミクタールはてんかん発作を抑えるだけでなく、うつ病や躁うつ病にも効果があると言われています。というのも、うつ病や躁うつ病といった気分障害が、しばしば、脳波の乱れによって生じている場合もあるからです。特に、躁うつ病で興奮状態が続いているような場合や、攻撃的になっている場合は、脳波が乱れている可能性が高く、炭酸リチウムのような気分調整薬よりもラミクタールの方が有効である場合もあります。こうしたことから、脳波の乱れで生じているものであれば、うつ病や躁うつ病以外のもの、例えば、統合失調症等にも有効であることもあります。
 以上のことから、もし、抗うつ薬や、気分調整薬で効果が上がらなかったとしたら、ラミクタールの使用を検討してみても良いかもしれません。その際には主治医とよく相談をする必要はあります。また、設備が整っている病院であれば、脳波を見てもらうこともできるので、脳波の検査を行ってからの検討をするとより確実性も増します。

躁うつ病の躁状態の特徴とは

躁うつ病は精神障害のひとつとなっており、時として単なるうつ病よりも激しい症状が見られることもある病気として知られています。
この症状を抑えるために処方される医薬品となっているのがラミクタールで、ラミクタールには気分の浮き沈みによって生じる変化を抑える効果があります。
さて、ではラミクタールが処方される躁うつ病のうち、躁状態の特徴としてはどういったものが見られるのかというと、基本的には「通常よりも気分が高揚する時期が訪れる」ということです。
一見するとこれは非常に良いことのようにも見え舞うsが、実際には良いとは言えません。
確かにそれが適度なものであればやる気や行動力に繋がるのですが、躁うつ病の場合、躁状態では本来あるべき度を超えた気分の高揚や、他人に対して高圧的な対応をする、思考がまとまらなくなる、じっとしていられなくなるというような症状が見られることになります。
特にこれが問題になってくるのが、うつ病の時の思考が継続した状態で躁状態になってしまった場合です。
これは「混合状態」と呼ばれているのですが、この時には気分は落ち込んでいるのに気持ちが焦って行動力がマイナスに働いてしまいます。
「自分は死ななくてはならない」というように精神を病んでしまった人が行動力を持てば、最悪の結末に繋がるリスクが無視できないものになります。
海外で約1万5千人の躁うつ病患者の追跡調査をした結果では、そのうち約2割の人が自殺によって命を落とすという悲しい結末に至ったということが判明しました。
躁うつ病は時として「やる気が出るのだから問題は無いはずだ」というように考えられることもありますが、本質としては早急に治さなくてはならない精神障害です。
放置していると自身の命を落としたり、大切な人が命を落としたりといったケースに繋がることもありますから、そういった症状が見られるのであれば専門医の受診を勧めるようにしましょう。
テグレトールの効果的な飲み方について
ラミクタールでてんかん治療
薬の個人輸入なら「あんしん通販薬局」