うつ状態と躁状態行ったり来たりする躁うつ病。なったことがある人にしかこの辛さはわかりません。私がラミクタールを服用するに当たり、不安になって調べたことを書いていくブログです。

ラミクタールと抗うつ剤の併用

病院で処方されるてんかん発作を防ぐラミクタール

 ラミクタールと言えば、一般的には抗てんかん薬として知られています。そのため、通常であれば、てんかん発作を防ぐために用いられますが、このラミクタールが何故てんかん発作に効果があるのかというと、異常な脳波を抑えるという作用を持つということにあります。こうしたことから、ラミクタールは、脳波に異常が出ることで生じるてんかん発作や、気分障害等、様々な精神症状に効果があるお薬として、広く使用されています。
 ラミクタールが脳波の異常によって生じる精神疾患に効果のあるお薬であることから、処方してもらうには精神科病院やメンタルクリニックを受診する必要があります。しかし、これらの病院を受診したからといって必ず処方してもらえるわけではありません。というのも、多くの場合、双極性障害やてんかん、統合失調症の診断を受ける場合にしか処方されないからです。そのため、軽度のうつや神経症では処方されることは少ないと言えます。これはラミクタールがそれだけ強力なお薬であるとも言えます。しかし、強力であると同時に、副作用もまた強いものであります。使用している全員に副作用が生じるわけではありませんが、中には副作用として薬疹が出てしまう人もいます。また、脳波に直接作用するため、突然死するリスクもゼロではありません。それだけではなく、こうしたお薬を甘く見て、お酒等と一緒に服薬される場合もまた同様に死亡リスクが高まります。こうしたことから、正しく服用するためにも、副作用が出た場合に相談するためにも、個人で輸入業者を通して入手するのではなく、専門の病院にかかり、医師の指導のもと、正規のルートで処方してもらい、服薬したいものでもあります。特に、てんかん発作のある人は病院を受診してから処方してもらうことが最も望ましいものと言えるでしょう。