うつ状態と躁状態行ったり来たりする躁うつ病。なったことがある人にしかこの辛さはわかりません。私がラミクタールを服用するに当たり、不安になって調べたことを書いていくブログです。

ラミクタールと抗うつ剤の併用

電気的興奮を抑制する抗てんかん薬のラミクタール

てんかんは痙攣をおこしたり意識を失うなどの症状が現れますが、こうした症状が現れるのは脳の電気的興奮によって起こります。
我々の脳にある神経細胞は、電気的な変化が生じる事によって興奮状態になります。
例えば、神経細胞の表面にあるNaチャネルという部分をNaイオンが通過して細胞内に侵入する事によって電気的な変化が起きます。
この場合は電気的興奮状態となりますが、必要以上にNaイオンを取り込んでしまうとてんかんの症状が現れます。
てんかんの人はNaチャネルが必要以上にNaイオンを取り込んでしまい、それが原因で発作が生じます。
ラミクタールはNaチャネルを阻害する働きがあり、電気的興奮作用を抑える効果があるので抗てんかん薬として用いられています。
てんかんにも色々な種類があるために、ラミクタールが全てのてんかんに対して効果があるわけでは無いのですが、部分発作や全般発作の一部に対して効果があり、比較的幅広いてんかん発作に対応する事が出来ます。
ラミクタールの副作用は抗てんかん薬の中では比較的少ない方でありますが、眠気や眩暈、肝機能障害などがあります。
特に注意した方が良い副作用としては皮膚障害があり、症状がみられる場合には直ちに医師に相談すべきです。
推奨される用法や用量を守らなかったために死亡した例もあります。
通常はラミクタールを服用する際には適切な量は個人差があるために、少量から服用を始めて様子を見ながら少しずつ量を増やしていき最適な量を判断します。
そのために、医師に指示された事を守りながら服用しなければ、きちんとしたデータを取る事が出来ずに適切な治療を行えない可能性もあります。
指示を守らなければリスクが高くなりますが、適切な指示を受けて守っていれば効果的な抗てんかん薬です。